クレジットカードや現金でのお支払い

お支払いは色々な場面であります。
クレジットカードをお持ちの方はクレジットカード払いと、現金払いで分けてお支払いをしているでしょう。

お支払い方法は色々

生活していく上で、普段良く使うスーパーマーケットのお支払いは、クレジットカード払いにして、細かなお支払いを現金にしている人もいます。
主婦の方はクレジットカード払いにすることによって、明細書を家計簿代わりにしている人もいます。
お支払いする種類によって、お支払い方法はいくつかあるので、下記に紹介していきます。

高速道路でのお支払い

高速道路でのお支払い車でどこか遠くに行く際は高速道路を使う人が多いです。
高速道路の料金は距離があるほど、料金が高くなっていきます。
500㎞くらい乗ると10,000円くらいは行くでしょう。
有料道路や首都高速の料金は通常の高速道路の金額と異なった料金になっています。
以前どれだけ高速道路に乗っても一律1,000円の時がありましたね。
この時は皆、高速道路を使ってレジャー施設などに行っていた記憶があります。
車移動すると、ガソリン代もかかるので、ガソリン代が1リッターがいくらかによって車に乗る人口が変わったりもします。
また、現金払いとETCを利用した金額に差がでます。
ETCを使用すると割引が適応され、夜間や休日に利用した際にも割引がある高速道路もあります。
公共の乗り物で行くのと、自家用車で高速道路を使って行く料金を比べてから目的地に行くのもいいと思います。
いずれにしてもお金はかかるので、計画を立ててから行動したほうがいいです。

ETCを利用すると、後日クレジットカード会社から請求がきます。
ETCは通常の買物と違い、明細に反映されるまで2週間や1カ月くらいかかることもあります。
2か月後の請求になっていることもありますので、忘れずに計画を立ててお支払いをしたほうがいいです。
お支払いを遅れてしまうと、信用情報に傷がつきますので注意が必要です。

定期券のお支払い

定期券のお支払い公共交通機関の乗り物では、定期券がお得です。
月々乗る回数によって金額の差はありますが、通勤や通学などに使う人は定期券がオススメです。
毎回切符を購入するより、定期券を購入した方がスムーズにお支払いができて、改札を入退場できます。
お支払い方法は現金払い・クレジットカード払いがあります。
窓口で定期券を購入すると、日によっては長い列ができていて時間がかかります。
券売機でも定期券を購入することができるのでオススメです。
定期券を購入する際は1ヶ月より、半年や1年分の定期券を購入した方が割引が多くなっています。
ですが、定期的を落としてしまうと損をしてしまうので管理はしっかりしましょう。
学生の場合は学割があり、定期券が安く購入できます。
家から通学の間にアルバイト先があれば、同じ定期券が使用できるので便利です。
クレジットカードを持っている人は、定期券で購入したほうがいいです。
クレジットカードで購入すれば、クレジットカードのポイントも貯まります。
定期券は通勤や通学に使っている限り、使い続けるので、ポイントは貯めた方がお得です。

学費のお支払い

学費のお支払い学校に行くには学費が必要となり、急な出費も多くなります。
幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校・大学・専門学校など大人になるまでに学校に行きます。
現在は中学校までが義務教育となっています。
どの学校に行くにしても、お金が沢山必要となってくるのには変わりません。
学校によってお弁当か給食に分かれますが、これにもお金がかかります。
教材費や年事に学費が必要となり、消耗品も多数揃えなければなりません。
こう考えると親は、頑張って働いてお金を稼がないといけないので大変です。
家庭によって違いますが、高校まで学費を親がお金を払っている人が多いと思います。
大学や専門学校なども、親がお金を払う人もいますが、奨学金で学校に通う人もいます。
学校を卒業後に奨学金を払っていく人は大変苦労をしています。
学校は遊びに行くところではないので、学費がかかったぶん無駄にしないで、仕事にいかして稼いでほしいものです。
お金は生きていく中で無くてはいけないものですので、それを分かった上で学校に行き勉強をしたほうがいいですね。
学費等のお支払いは、クレジットカード払いが出来なくて、現金払いとなっています。

まとめ

お金のお支払いは、色々な場面であります。
クレジットカードでお支払いが出来たり、現金しかお支払いができないこともあります。
クレジットカードでお支払いをした場合はポイントが貯まります。
上手く活用すれば、貯まったポイントで買物等ができますので、お支払いは計画的にしたほうがいいです。