クレジットカード現金化・手数料の実態

クレジットカード現金化を利用する際は、色々な手数料がかかります。
初めから手数料を計算し、換金率をサイト上で公表している業者もあれば、サイト上の換金率から手数料を取る業者もあります。
これらの手数料は、悪徳業者と優良店によって大きく異なります。
悪徳業者に騙されない為にも、手数料のことをしっかりと把握しておくことが大切です。

換金率と手数料の関係とは!?

換金率と手数料の関係とは!?クレジットカード現金化を利用する際は、換金率が重要となってきます。
換金率は、かかる手数料によって変わります。
現金化の方法は2種類あり、キャッシュバック方式と買取方式があります。
それぞれ、手続きの内容が違いますので、当然かかる手数料が変わってきます。
優良店であれば、サイト上に記載されている換金率は、予め手数料を差し引きした利率を掲載しています。
ですが、悪徳業者の場合は、手数料を差し引きしないでサイト上に換金率を掲載しています。

手数料の違いを簡単に紹介します。


優良店の場合(表示換金率80%)
100,000円(ご購入金額)⇒80%(換金率)⇒80,000円(実際に振り込まれる金額)
優良店の場合は、初めから手数料を差し引きして換金率を計算していますので、このようになります。


悪徳業者の場合(表示換金率80%)
100,000円(ご購入金額)⇒70%(換金率)⇒70,000円(実際に振り込まれる金額)
悪徳業者の場合は、サイト上の換金率から、さらに名目をつけて手数料を取りますので実質換金率は下がります。


このようにかかる手数料によって、換金率が変わりますので業者選びは重要になってきます。
サイト上の換金率と違うことを言ってくるような業者は怪しいので、利用は辞めた方がいいでしょう。

色々な手数料

色々な手数料現金化業者は、手数料で利益をだしています。
そのため、悪徳業者はいかに手数料を多く取って現金化するかを考えています。
ありもしないことを言って、蘊蓄を語り、利用者から手数料を多くとっているのが現状です。
手数料の名目はいくつかありますので、簡単に紹介します。
クレジットカード決済手数料・消費税・送料・振込み手数料などがあります。
この中でも今回は、消費税について一つ教えます。
現金化業者の買取方式で営業している業者は、Amazonギフト券の買取りをしています。
その際に、ギフト券は消費税がかからないはずですが、消費税がかかりますと言い手数料を騙し取っています。
これは、あきらかに消費税分の手数料を騙し取る手口ですので、このようなことを業者に言われた際は、すぐに断った方がいいです。

悪徳業者に騙されないようにするには!?

悪徳業者に騙されないようにするには!?現金化業者は多数あり、それに伴い悪徳業者も多数あります。
悪徳業者に騙されないようにするには、どうすればよいのかポイントをいくつか紹介させていただきます。

●業者のサイト上に、最大換金率90%以上記載している場合は換金率を変えてくるので注意する。

●利用を考えた際は、その業者に一度電話をする。担当の態度が悪かったり、普通の会社の電話対応でないと思ったら断る。

●色々と蘊蓄を言ってくる業者の利用は辞める。蘊蓄を言ってくる業者は、手数料を多くとろうとしてきて、換金率を下げてきます。

以上のことを知っておくだけでも、悪徳業者での利用を事前に防げますので、頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ

現金化を利用する際は、業者に手数料を取られます。
その手数料が少ない方が、利用者にとっては換金率が良くなります。
換金率がいいとことろで利用したいのであれば、優良店を見つけるしかありません。
ですが、現金化業界は悪徳業者が多数存在しますので、素人が優良店を見つけるのは至難の業となります。
素人でも、わかるように当サイトでは色々と紹介していますので、現金化の利用をお考えの人がいればしっかりと記事を読んでください。