現金化業者に交渉して換金率UP!?

現金化業者を利用する際は、換金率が重要となってきます。
業者は多数あり、優良店と悪徳業者があります。
現金化業界では、悪徳業者が数多くあり、そのほとんどの業者の換金率が低くなっています。
業者は一人でも多くの利用者を増やすために、最初に伝えた換金率でダメだった場合、交渉すれば換金率を上げてくることがあります。
そこで細かな詳細について説明します。

現金化の換金率・還元率・買取率とは!?

現金化の換金率・還元率・買取率とは!?現金化をする際は、お金を振り込んでもらうための、利率が重要になってきます。
その利率の呼び名は、各手続き内容によって変わりますが、利用者にとっては一緒に意味になります。

換金率・・・商品とお金を換える際の利率。
還元率・・・利用金額に対して〇〇円相当のポイント・現金がもらえる際の利率。
買取率・・・商品を買取ってもらう際の利率。

簡単に説明するとこのようになっています。
ようするに、利用者が使用した金額によって、その利率分のお金が貰えるということです。
この利率が低ければ低いほど、利用者にとっては負担が大きくなり、損をしてしまいます。
逆に現金化業者は利率を下げることによって、利益が多くなります。
そのため、悪徳業者は少しでも利益を多くするため、換金率を下げてきます。
利用者によって利率を変える悪質な業者もいますので、このことを理解しておくと良いでしょう。

換金率が下がるのはなぜか!?

換金率が下がるのはなぜか!?優良店の場合は、サイト上に表示している換金率と実際の換金率は変わりません。
ですが、悪徳業者になるとサイト上に表示している換金率より低くなります。
それには理由があります。
もともとサイト上に表示している換金率は、お客様を集める広告となります。
普通の人であれば換金率が高いところで手続きをしようと思います。
そこを狙って、意図的に換金率を高く表示して申し込みをさせます。
申し込みがあれば、悪徳業者は電話で蘊蓄を言い換金率を下げて、利益を多くだそうとしてきます。

例えば、サイト上の換金率を90%にし、お客様からの申し込み後の電話対応で手数料を説明してきます。
この際も、先に換金率のことを言ってしまえば、断られる場合もあるので、ご本人様確認の資料などを送ってもらったあとに手数料の説明をしてきます。
それまでは、換金率のことを聞かれても曖昧にしてきます。
手続きの最後に手数料の話をして、断れない環境を作ってから換金率を下げてくるのが悪徳業者です。

このように悪徳業者は、換金率を下げようと色々なことをしてきますので、騙されないようにしましょう。

業者と交渉して換金率を上げる!

業者と交渉して換金率を上げる!優良店に申し込みをした場合は、最初から換金率が良く、あとで換金率が変わることがありません。
いつもと変わらない手続き内容となりますので、換金率の交渉をしても上がることは滅多にありません。

悪徳業者に申し込みをした場合は、手続きの最後に手数料などの説明をされ、換金率が低くなります。
悪徳業者の場合、人によって換金率を変えているため、断ろうとすると換金率が急に上がる場合があります。
と言っても、何%も上がるわけではありません。
利用金額によって違いますが、最初言わてれいた換金率より2・3%くらい上げてくれる程度です。
悪徳業者は、断られるくらいなら少しでも利益に繋げようとするため、交渉次第では少し換金率を上げてくれます。
ただ、2・3%換金率が上がったからと言っても、まだ低い換金率に変わりありませんので断ることがベストだと思われます。

まとめ

優良店と悪徳業者では、換金率に差があります。
優良店の場合、悪徳業者に比べて換金率がかなり良いので、換金率を上げるための交渉は難しいことが分かります。
悪徳業者の場合は、もともと換金率が低いので、業者と交渉すれば、それなりに換金率が上がる可能性はあります。
結果、悪徳業者と交渉するくらいなら、優良店を見つけて利用した方がいいでしょう。