ネットで簡単にクレカ現金化!!

インターネット環境と端末があれば、ネットで簡単にクレジットカード現金化が利用できます。
ネットでの手続きになりますので、全国どこからでも利用ができますので便利です。
手続きにあたっての流れなどを簡単に紹介していきます。

現金化利用時の申込からの流れ♪

現金化利用時の申込からの流れ♪ネットでの申し込みの場合は、スマホ・ガラケイ・PC・iPadなどの端末から申し込みが可能となります。
お店によっては、ガラケイの場合、対応していない現金化業者もあります。
電話受付をしている業者もありますが、ほとんどのお店がインターネット上で必要事項を入力の上、お申し込みをします。
ここで入力する必要事項は、名前・住所・連絡先・振込みしてもらう口座などになります。
以上のことは最低限入力をしないと、現金化業者で利用はできません。
申し込みをしたあとは、現金化業者によって変わりますので、一般的な例を記載します。

買取方式の場合
申し込み⇒電話でのご本人様確認⇒必要書類の送付⇒商品の購入⇒買取代金の振込み

キャッシュバック方式の場合
申し込み⇒電話でのご本人様確認⇒必要書類の送付⇒商品の購入⇒キャッシュバック代金の振込み

現金化する方法によって手続きが異なります。
また、業者によってクレジットカード決済をする方法が異なり、購入する商品も異なります。
その手続きのやり方によっては、違法な手続きをしている現金化業者もありますので注意してください。
安全にご利用するには、優良店を探す必要があります。
優良店の見極め方法を当サイトでも紹介しておりますので、ご覧ください。

本人確認の資料は何が必要!?

本人確認の資料は何が必要!?ご本人様確認の資料は色々とあり、業者によっては必要書類が異なります。
不正利用防止のために送ってもらう形ですので、用意できない場合は利用できない可能性があります。

身分証に関しては、免許証・保険証・学生証・パスポート・住民基本台帳・マイナンバーなどになります。
この際、住所の記載が印字タイプでは無く、手書きタイプの場合は別書類が必要になる場合があります。
また、業者によっては、顔つきの身分証を手に持ち、ご自身の顔の横にし、ご自身と身分証が一緒に移るように写真を取るように言われる場合もあります。

次にクレジットカードが必要になります。
クレジットカードは両面必要となりますが、業者によっては隠す箇所も指定されます。
クレジットカード情報を全て伝えてしまうと、悪用される可能性もありますので、必要最低限の情報を提供する業者に依頼をしたほうが良いです。
クレジットカードの表面は全て撮影するように言ってくる業者があります。優良店では、クレジットカード番号を何桁か隠すように指示されます。
クレジットカードの裏面は全て撮影するように言ってくる業者があります。優良店では、セキュリティコードを隠すように指示されます。

別書類に関しては、色々な資料がありますので、業者に合わせて用意する必要があります。
クレジットカードWEB明細のスクリーンショット・クレジットカード会社からの郵送物・役所関係から送られてきた書類・公共料金の支払い明細(電気・ガス・水道など)・電話料金の明細など色々とあります。

振込みまでの時間!?

振込みまでの時間!?現金化を利用した際の振込みまでのかかる時間は、業者によって異なります。
利用する業者の手続き方法によっても、時間は変わります。
振込みまでの時間は、明確にお伝えすることは出来かねます。
何故かと言いますと、お店の混みぐあいによっても変わりますし。手続き方法によっても変わるからです。
一つ言えることは、初めて利用する人は、それなりに時間がかかるということです。
初めての利用の場合は、ご本人様確認などがあるため、リピーターより時間がかかることは間違いありません。
優良店の場合、基本的には振込みまでの時間は早いですが、優良店ってことは他の人も多数利用しているので、込み合ってしまうと時間がかかります。
現金化を利用する際は、余裕を持って手続きすると良いでしょう。

まとめ

今回の記事を読んで分かっていただけたかと思いますが、店舗型で利用しなくても、ネットで簡単に現金化をすることが可能となります。
用意する書類などのことを考えると難しいと思われますが、簡単に手続きできるのでネットでの申し込みがオススメです。
また、ネット環境さえあれば全国どこからでも利用できます。
その他にご不明点がありましたら、当サイトの他ページを参考にしてみてください。