現金化・悪徳業者の特徴

クレジットカード現金化業者は、何社もあります。
同じ会社が何サイトも運営している場合もありますが、数多く存在します。
これだけの業者数があると言うことは、利用する人もかなりの人数になると思われます。
これは、融資する会社の規制が厳しくなり、総量規制の法律が出来たことによって、現金化を利用する人が増えているということです。
現金化業者は多数ありますが、そのほとんどが悪徳業者と言われています。
世間からするとグレーと思われている業種の一つでもあります。
今回は数少ない優良店を見極めるために、悪徳業者の特徴について記載させていただきます。

ホームページは嘘の記載!!

ホームページは嘘の記載!!現金化業者は多数ありますので、いかに自社サイトが良いかをホームページ上でアピールしています。
嘘偽りの記載をすることによって、集客数を増やそうとしているのです。
換金率に関して言うと、最大95%や90%保証などと謳っていても、実際に利用すると換金率がかなり低いのが現状です。
悪いところだと換金率は60%台となりますので、利用者にとっては騙されたと思うかもしれません。
例えば、90%保証じゃないのか現金化業者に聞くと、色々と説明され納得させようとしてきます。
決済手数料や消費税、振込み手数料などを引いてからの90%って言ってくる業者もいます。
要するに、手数料を多くとるための口実を作って言ってくるのです。
利用者によっては、弱気で断りずらい人もいますので、業者の言いなりになり利用してしまうこともあります。
お金のことであって、大事なことでもありますので、泣け寝入りはしないようにしましょう。

また、サイト上に2017年度〇〇ランキングNo1などと記載しているサイトは悪徳業者と言っていいでしょう。
何を基準にランキングされているか分かりません。
現金化業界は、年度ごとにランキング付けをすることはありません。
現金化業者はグループ会社で営業している会社が多いので、他のグループとランキング付けするなんてことは一切ありません。
口コミサイトなどは、そのサイト内でのランキング付けですので分かりますが、現金化業者のサイトでランキングされているのは怪しいです。
このことを知っておけばサイトを見た際に、悪徳業者か見極めることが可能となります。

接客態度が悪い!!

接客態度が悪い!!悪徳業者の特徴の一つが、接客態度が悪いということです。
電話の対応が普通ではないことが明らかに分かります。
タメ口で話してきたり、威圧的に話してくる担当もいます。
何しろ敬語ができていない業者が多くあります。
経験や情報収集をした結果、敬語で丁寧な対応している会社は、ほぼ優良店です。
それ以外は普通の会社ではないことが、電話の対応からも分かりますので、悪徳業者を見極めるポイントになります。

他社の悪口を言う!!

他社の悪口を言う!!悪徳業者は、自社で利用してもらうために他社の悪口を言います。
業者の中には、新規の申し込みがあると、他社での利用があるかどうか聞いてきます。
その際、内容を聞き、悪いことを指摘して、いかに自社が良いかを言ってきます。
例えば、Amazonギフト券の買取り業者で利用したことを伝えると、「Amazonギフト券を購入するとクレジットカードが利用停止になります。」と言ってきます。
ですが、実際にはAmazonギフト券を購入したからといって、クレジットカードは利用停止にはなりません。
利用停止になる人は、支払いが遅れたり、過去に換金性の高い商品を何度も購入し、現金化を疑わている人に限ります。
このように、ありもしないことを平然と言い、他社を利用すると危ないことを伝え、自社は安心で安全に手続きができることを言ってきます。
換金率が低くても安全な取引きをした方がいいことを言ってくる業者もいます。
普通の会社であれば、他社の悪口は言いませんので、悪徳業者ってことがすぐに分かります。

まとめ

悪徳業者には特徴がありますので、そこのポイントをしっかりと把握しておりましょう。
いざという時のために、現金化業者のことを知り、優良店を見つけておけば騙されずに安全な手続きができます。
今回紹介させていただいた記事を参考にしてみると良いでしょう。