カードでお金♪

カードでお金と言うと、色々なことが思い浮かびます。
クレジットカードでキャッシング・融資会社から発行されたカードでキャッシング・カードローンなどがあります。
これらが共通していることは、お金を借りるということです。
お金を借りることは、世間一般的にはイメージが悪い印象があります。
そこで今回は、クレジットカードのショッピング枠を使用して現金に換える方法を紹介します。
お金を借りる方法ではありませんので、気になる方は読んでみて下さい。

融資ではなく、現金が手に入る!?

融資ではなく、現金が手に入る!?お金が必要だけど、手元や銀行に現金が無い。
そんな時に考えるのが、「お金を借りる」ことです。
お金を借りる場合は色々と方法があります。

初めに考えるのは、身内の人や友人、知人にお金を借りれるかどうかを考えます。
借りれなかったり、相談することが出来ない場合は、融資会社からお金を借りることを考えます。
普通の人であれば、融資会社からお金を借りるに抵抗があるという人が多いと思います。
クレジットカードに付いているキャッシング枠を利用し、現金を用意する人もいるでしょう。
そもそも、お金を借りたくないという人は困ると思います。
そこで、お金を借りる方法ではないのに、現金を調達できる便利な方法をお伝えします。
それは、「クレジットカード現金化」になります。
では、どのような方法なのかについて次に記載します。

ショッピング枠を現金化!!

ショッピング枠を現金化!!クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を利用し、現金に換える方法となります。
すなわちクレジットカードで買い物した形になりますので、融資を受けたことにはなりません。
クレジットカードのショッピング枠を利用するので、利用明細も商品を買ったことになり、現金化をしたことはクレジットカード会社には分からなくなっています。
ただし、ショッピング枠で現金化をする行為はクレジットカード会社の利用規約に違反します。
そのため、クレジットカード会社の規約違反にならないように、現金化業者はうまく手続きをしています。
現金化業者は多数あるため、全ての会社が安全に手続きをしてるかと言えばそうではありません。
現金化業者の中には悪徳業者も多数存在しますので、クレジットカード現金化を利用する際は、利用する会社のこともしっかり調べておく必要があります。
簡単に、気軽に現金を調達できるシステムがクレジットカード現金化になりますが、損をする場合は、騙されてしまうケースもありますので、よく考えて行動したほうがいいでしょう。
現金化は、クレジットカードを持っていれば利用できるサービスなので、借入が難しい主婦の方に人気のサービスとなっています。

現金化は違法なの!?

現金化は違法なの!?カード現金化は、違法なのか気になる方が多いかと思います。
利用する人はクレジットカード会社の規約違反になりますが、そうならないように手続きをしているのが、現金化業者であります。
現金化をする方法は二種類あり、キャッシュバック方式と買取方式があります。
二種類の現金化方法に言えることですが、、手続き内容によって、違法かどうかが決まります。
また、購入する商品や流れによって、法律に引っかかる場合もあります。
例えば、キャッシュバック方式の場合、価値の無い商品で手続きをしている業者は違法性があります。
細かい内容は長くなりますので省略させていただきます。
買取方式の場合は、実際に商品の受け渡しをせずに架空取引をしている業者があります。
これは、架空取引ですので、もちろん違法になるでしょう。
結果、違法かどうかに関しては、現金化業者は違法にならないように手続きをしていますので、それを信じるしかありません。
悪徳業者に引っかからないように、下調べは重要になります。

まとめ

お金が必要な時、色々な方法があります。
どの方法が今のご自身にあっているか、しっかりと考え行動するしかありません。
生活が厳しい方も多数いると思いますが、間違ったことをしてしまうと、お金のことで人生変わってしまうので慎重になりましょう。