自分で現金化♪

生活していく上で、現金がなくなはならないものです。
現金化がなければ、住むところにも困り、食べ物すら購入することが出来なくなります。
そこで、今回は自分で商品を売買して現金化する方法と、その際の危険性などを紹介していきます。
お時間がある限り読んで、参考にしてみて下さい。

ゲーム機器を購入して現金化!!

ゲーム機器を購入して現金化!!自分で現金化をする方法を考えると、家にあるものを売るか、商品をクレジットカードで購入し売るかを考えます。
その際に、よく思いつくのがゲーム機を買って売ることです。
同じゲーム機を5台買って、違うお店で売ってお金にする方法は、昔に流行っていました。
今現在でもこのやり方をやろうとする人が多くいます。
ですが、現在はクレジットカード会社も厳しくなり、ゲーム機を高額な金額で購入することが出来なくなっています。
1台分の金額であれば、クレジットカード会社は問題なく利用させますが、3台分の金額などで購入しようとすると換金するんではないかと疑い、購入をさせないことがあります。
このようなことをしてしまうと、クレジットカード会社から目を付けられ、利用の制限や利用停止に繋がってしまうこともあるので慎重に商品は選んだ方がいいでしょう。

商品券で現金化!!

商品券で現金化!!商品券を売って現金化する方法は特に問題ありません。
その商品券をどのようにして、手に入れたかが問題になります。
友人や知人の方から貰った商品券で、使用用途が無い場合はチケット屋などで売っても良いでしょう。
ただ、貰った商品券を売ってお金にすることは、プレゼントした側からしてみればあり得ない行為ですので、罪悪感が残るかもしれません。

次に、商品券を自分で買って売る行為について考えてみます。
この方法は、商品券を現金で買って売るんであれば、損をするので意味がない行為となります。
ですが、商品券をクレジットカードで購入し、売れば現金が作れたことになりますので意味のある行為となります。
クレジットカード会社は商品券を転売目的で購入するんではないかと思い、警戒します。
そこで、商品券を大量に高額な金額で購入しようとすると、クレジットカード会社は怪しみ購入はさせないでしょう。
よって、商品券を自分で買って現金化する方法は、あまりよろしくないと思われます。

電化製品で現金化!!

電化製品で現金化!!電化製品を購入し、自分で現金化しようとする人が多くいます。
電化製品は、電気屋さんなどで手軽に買える商品となっています。
同じ商品を大量に購入すると、転売目的としてクレジットカード会社に怪しまれますが、いくつか商品が分かれていれば問題なく購入できるかと思います。
ただし、電化製品は新品であっても、買取ってくれる利率が低いので、それなりの覚悟も必要でしょう。
新品で使用していないのに、買取率が60%台ってこともあります。
流行りの商品でなかったり、型が古いともっと安くなってしまうことありますので、事前にいくらくらいで売れるか調べてから購入を考えた方がいいでしょう。
電化製品の購入の場合、商品は受け取って、買取ってくれるところまで、持っていくことを考えると手間がかかるので、そこも考えておきましょう。

まとめ

昔と今では、色々と状況も変わっていますので、その時代に合わせた商品を選ぶようにした方がいいでしょう。
自分で現金化をするより、現在はクレジットカード現金化業者はあるので、安心して安全な取引で現金化をした方が得策だと思います。
当サイトでは、お金に困った時に利用できる優良店を紹介していますので、利用を考えてみてはいかがでしょうか!?