HP表示の最大換金率90%以上は危険!

クレジットカード現金化サイトに、最大換金率(還元率)90%・91%・92%・93%・94%・95%・96%・97%などが記載されています。
このような表記をしている現金化サイトは、悪徳な業者が運営している可能性が高くなっています。
実際に利用してみれば分かりますが、上記表示の換金率のサイトを利用すると70%前後と低い換金率で手続きをしているお店が多数あります。
そのため、騙されないように注意しましょう!

なぜ実際の換金率(還元率)と違うことを謳っているのか!?

なぜ実際の換金率(還元率)と違うことを謳っているのか!?クレジットカード現金化サイトのホームページには、最大換金率が記載されています。
そこに記載されている換金率は、あくまでも最大となりますので、当然その換金率で利用できる人はいません。
換金率を高くすることによって、お客様がそれを見れば良いと思い、お申し込みをしてしまいます。
これを狙って、悪徳な現金化業者は集客をしているものと思われます。
素人の方がホームページを見れば、高い換金率で手続きしてくれると思ってしまします。
ホームページに謳ってある内容と、実際手続きした内容が違うってことがよくあるみたいです。
悪徳な現金化業者は、色々な罠を仕掛けておりますので十分に注意しましょう。

悪徳な業者に多い最大換金率〇〇%!!

悪徳な業者に多い最大換金率〇〇%!!悪徳な現金化業者は、ホームページに最大換金率を掲載しています。
お客様の目に留まるように、アピールしたい換金率が目立っています。
これは、集客を増やすための罠です!!

お客様からしてみれば、換金率が高いところで手続きをしたいと思います。
これをいいことに、悪徳な現金化業者は最大換金率をアピールしています。
実際、問い合わせや申し込みをしてみると、換金率はかなり低くされてしまうのが現状です。
また、申し込みをしてしまうと、換金率などを曖昧にし、電話で言いくるめられてしまい、利用するはめになってしまうこともあります。

表示換金率(還元率)に騙されないためには!?

表示換金率(還元率)に騙されないためには!?クレジットカード現金化サイトに記載されている表示換金率(還元率)に騙されないための方法をお伝えします。
それは、電話で問い合わせをすることです。
他のページなどでも紹介させていただいておりますが、電話をすることによって、お店の実態が全て分かります。
悪徳な業者の場合、接客態度が悪いのが通常ですが、まれに接客態度が良いところもあります。
接客態度が悪かった場合は、その時点で利用しないほうがいいいでしょう。
接客態度が良いところで、悪徳な業者か見極めるポイントは、実際の換金率を詳しく聞くことです。

例えば、手元に100,000円欲しいと伝え、実際の決済する金額はいくらになるか聞きましょう。
この時に、明確に答えてくれるところであれば良いですが、悪徳な業者の場合は曖昧な返答をしてきます。
申し込みしたあとに、身分証やクレジットカードを送って確認してから換金率が分かります等と言ってくるお店もあります。
このことから分かるのが、申し込みをする人によって換金率を変えているということです。
換金率が低かった場合、断ろうとすると少し換金率を上げてくる、お店もあります。
ということは、皆さん共通の換金率でないことが分かります。
こちらの内容を把握したうえで、利用するお店を検討すると良いでしょう。

まとめ

最大換金率が高い現金化業者には、気を付けた方がいいことが分かります。
最大換金率のことを聞くと、蘊蓄をいい、お客様は最大換金率で利用できないことを伝えられます。
結果、ホームページ記載の換金率(還元率)と違い、利率を低くされますので注意しましょう。