24時間いつでも振込みが反映される銀行!!

現金化を利用する際は、ご自身が振込みをしてもらう、振込み先口座が重要となってきます。
何故かと言うと、口座によっては翌日や翌週になってしまうので、即日対応可能な口座を事前に準備して置くと役に立ちます。
現金化業者によっては、即日対応している銀行口座と、即日対応していない銀行口座があります。
通常15時までのお振込みが、その日に相手側に反映されることになっています。
時間外になりますと銀行によって、対応している時間と、対応していない時間がありますので簡単に紹介します。

24時間いつでも振込みが反映される銀行!!

24時間いつでも振込みが反映される銀行!!クレジットカード現金化を利用する際は、振込先の口座によって即日かどうか決まります。
平日の15時までであれば、どの銀行から振込みをしても、その日に反映されますが、時間外になると翌日の予約振込みになってしまいます。
ただし、振込み側と振込み先が同一銀行だった場合は、銀行によって、その日に振込みが反映されます。
銀行や信用金庫・労働金庫・JAバンクなどありますが、金融機関によって振込みした金額が反映される時間など変わってきます。

例えば、振込側・振込先が楽天銀行どうしであれば24時間振込みが反映されます。
三菱東京UFJ銀行の場合は個人口座と法人口座によっても変わってきます。
今現在、個人口座からの振込みであれば、毎日24時間振込みが反映されます。
法人口座から振込みする場合、祝日は手続きが出来なくなっています。
このように個人口座と法人口座によって、サービス内容が異なっている場合もあります。
どの金融機関にも言えることは、振込みする側がネットバンクをお持ちでないと、振込みが出来ない時間帯もでてしまいます。
ネットバンクをお持ちでない場合は、ATMでの操作しか出来ないため、ATMが取扱い時間外だった場合は振込みができません。
各金融機関はネットバンクを開設していますので、口座を作った際は、ネットバンクも登録すると便利に使えますのでオススメです。
24時間振込みが反映される金融機関は、現在は多数ありますが、各金融機関によってサービス内容が異なりますのでご自身で調べてみて下さい。
当サイトでも今後、紹介したいと思っています。

平日15時以降でも即日着金可能!?

平日15時以降でも即日着金可能!?クレジットカード現金化業者が取り扱っている銀行口座と同一の銀行を持っていれば、15時以降も振込みが反映され、即日に現金を手に入れることができます。
ただし、各金融機関によって、時間が限られている場合もあります。

今回は、ゆうちょ銀行について説明します。
ゆうちょ銀行は、窓口が空いているところがあれば、その日に振込みができ、反映されます。
窓口が閉まっていても、ネットバンクの契約をしていれば24時間振込みが可能となります。
現金化業者が営業している時間内であれば、現金をその日に振り込んでもらうことが可能となります。
ゆうちょ銀行は全国にあり、郵便局で口座が作れますので、万が一、15時を過ぎてしまって、即日に現金が欲しい場合は、最寄りの郵便局に行って口座を作ればその日に手続きが完了できます。
金融機関によっては、夕方でも夜でも振込みがその日に着金されますので、ゆうちょ銀行を持っていれば便利です。

土日・祝でも即日振込み!?

土日・祝でも即日振込み!?このページ内でも色々と説明をしてきましたが、ほぼ同じ内容となってしまうので簡単に説明します。
クレジットカード現金化業者が土日・祝に営業していて、現金化業者が持っている金融機関と同一の金融機関の口座を持っていれば振込みの反映はされます。
ただし、金融機関によっては例外もありますので、ご自身のお持ちの口座のことを調べた上で、現金化業者に申し込みをするとよいでしょう。
また、口座の事をよく分からない人は、現金化業者に電話をして即日に振込みが反映するか聞くと良いでしょう。

まとめ

全国のお客様を対応すると現金は手渡しではなく、お振込みになりますので、お持ちの金融機関の口座が重要となってきます。
地方銀行しかお持ちでない方は、その日に現金が必要な場合、15時までに手続きをしなければなりませんので口座の事も熟知しておくとよいでしょう。
現金化をする際は、いろいろと調べた方がご自身にとっても有利になりますので、慎重に手続きをしましょう。