相場によって現金化業者の換金率が変動!

クレジットカード現金化業者の換金率は、取り扱う商品やクレジットカード決済代行会社の手数料によって変動する場合があります。
買取方式の手続きをしている現金化業者の場合は、その時の相場によって商品の買取り金額が変わるので換金率も変動している現金化業者もあります。
キャッシュバック方式の手続きをしている現金化業者の場合は、クレジットカード決済代行会社の手数料によって変動する場合もあります。
優良店の場合は、基本的に換金率が変わることがありませんが、悪徳業者の場合はこれらの事を理由に換金率を下げてくる現金化業者もいます。
そこで、どのような仕組みになっているかを簡単に紹介します。

現金化業者によって換金率が違う!

現金化業者によって換金率が違う!現金化業者によって、換金率が違うのには理由があります。

その1.現金化業者が利益を多くするため、手数料を沢山取る悪徳業者がいる。
その2.買取ってもらう商品の相場に変動がある。
その3.クレジットカード決済代行会社の手数料が違う。

これらによって、クレジットカード現金化業者の換金率は変わってきます。
上記項目の2.3では、手数料の利率の差はそんなに変わりません。
よって、1の悪徳業者が利益を多くするため手数料を沢山とっているので、換金率に差がでるのが一番の理由です。
良心的な優良店であれば、いつも換金率は変わらず手続きをしてくれます。
ですが、悪徳業者の場合は、その日の相場によって換金率が変わりますと説明して換金率を下げる現金化業者が多く存在します。
初回の利用時には、ご本人様確認が取れないとハッキリとした換金率は言えませんと言ってきます。
これは、換金率を曖昧にして、断れないようにしてから人によって、換金率を変えている可能性も十分考えられます。
換金率は手続きをする上で、とても重要になってきますので、現金化業者選びは慎重になった方が良いと考えられます。

Amazonギフト券の相場は変動しやすい!

Amazonギフト券の相場は変動しやすい!買取方式で手続きをしている現金化業者の商品は、主にAmazonギフト券(Eメールタイプ)となります。
なぜこの商品かと言うとAmazonギフト券(Eメールタイプ)は使い勝手がいいからです。
Amazonギフト券(Eメールタイプ)を購入すると指定のアドレスにプレゼントができるシステムになっているため、現金化業者は即日買取ることが可能となります。
現金化業者は、買取った商品を主に転売し現金に換えます。
転売する際に、市場で多く取り扱っていると転売価格が下がります。
転売価格が下がると現金化業者に利益が減ってしまいます。
そのため、現金化業者はその日の相場によって換金率を変えているのでしょう。
優良店の場合は、利益が少なくなったとしても、毎回同じ換金率で手続きをしてくれます。
もしも、毎回換金率が変わる現金化業者と取引きをしているのであれば、他社に乗り換えることをオススメします。

優良店は換金率が変わらない!?

優良店は換金率が変わらない!?優良店は換金率が変わらず、問い合わせなどの際にもハッキリと換金率を伝えてくれます。
申し込み途中に換金率を変えるような疚しいことはいっさいないので、初回であってもハッキリと答えてくれるものだと思われます。
また、人によって換金率を変える悪徳業者がいますが、どの人でも同じ換金率で手続きしている優良店は最初からハッキリと言ってくれるものだと思います。
悪徳業者は、他社の悪いことを言って、自社サイトが安全か説明し、利用させる手口が多く、換金率が低くても安全な方で利用した方がいいでしょうなどと言ってきますので注意しましょう。

まとめ

現金化業者が取り扱う商品やクレジットカード決済代行会社の手数料によって、換金率が変わります。
ですが、優良店になると換金率は変動せず、いつもと同じ換金率で手続きをしてくることが分かります。