クレジットカードが利用停止になりにくい現金化方法とは?

クレジットカード現金化を利用する際にお客様が一番不安に思っていることが、クレジットカードが利用停止になるかどうかです。
現金化サイトの「Q&A」でよく見かけますが、「カード会社にバレますか?」「利用明細には何て表示されますか?」などがあります。
この質問をするってことは、やはりクレジットカードが利用停止になるのが怖いのでしょう。
そもそも、クレジットカード現金化をするのであれば、お客様も多少のリスクを背負わなければなりません。
何故かと言うと、クレジットカード会社は現金化を許しているわけではありません。
クレジットカード会社の利用規約にも記載がありますが、(換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの利用が出来なくなったり、結局は自分の債務を増やすことになります。また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。)ここに明確に書かれている通り、クレジットカード現金化はクレジットカード会員規約に違反する行為です。
クレジットカード会社にバレてしまうと高い確率で利用停止措置を受けることとなります。
なので、クレジットカード現金化を利用する際は、合法でより安全な手続きをしている現金化業者を選ばなければなりません。

クレジットカードのショッピング枠の現金化がバレるのはなぜ?

クレジットカードのショッピング枠の現金化がバレるのはなぜ?クレジットカードのショッピング枠の現金化がバレてしまい、クレジットカードが利用停止になってしまうという話を聞いたことがあると思います。
ネット上でこのような記事を見たという人もいるでしょう。
ではなぜ、クレジットカード現金化をした際の買物が、クレジットカード会社にバレてしまうのでしょうか?
クレジットカード会社は、毎日ものすごい数の利用があるので、毎回目視して利用履歴を見るのは難しいです。
ですが、クレジットカード会社は現金化目的の利用を把握しています。
それが可能な理由は、現金化目的が疑われる利用履歴を自動的にピックアップできるようにシステム化しているからです。
クレジットカード会社は、換金性の高い商品をピックアップし、リスト化しています。
これにより、高級ブランド品やギフト券・電化製品など換金性の高い商品の購入履歴が多くある人に対しては、日頃から目をつけているのです。
目をつけてから再度利用があった場合は、慎重に調査し、明らかに現金化目的の利用が疑われる利用者に対して、利用停止処置を取っているのです。
もちろんですが、お支払いを遅れてしまうと、通常よりも監視を強化されますので、クレジットカードの利用制限がかかり、それでもダメな場合は利用停止になってしまいます。

換金性の高い商品の購入は危険!

換金性の高い商品の購入は危険!クレジットカード利用停止になる人は、ご自身でやってはいけないことをやってしまっています。
それは、換金性の高い高級ブランド品やギフト券・電化製品・ゲーム機を何度もクレジットカードで購入してしまっている人です。
換金性の高い商品を何度も購入することによって、クレジットカード会社は利用者のことを疑い、マークします。
このまま、何度も購入していると、いずれその商品自体が購入できなくなってしまします。
クレジットカードの利用停止はご自身で、その環境を作ってしまっているのです。

自分で現金化するより、現金化業者に依頼した方が安全♪

自分で現金化するより、現金化業者に依頼した方が安全♪今までの話の流れから分かるように、ご自身で換金性の高い商品を購入し、売買してやる現金化よりも、現金化業者を利用した現金化の方が利用停止の危険が少ないということです。
ご自身で現金化をした場合は、換金率は良くなりますが、その分リスクもあります。
現金化業者に依頼した場合は、ご自身で現金化するよりも手数料がかかってしまいますが、その分リスクが軽減されます。
現金化業者は、より安全なシステムで現金化をするので、安心して現金化をする際は現金化業者に依頼した方がいいでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化をする際は、ご自身でやると換金率は良いですが、現金化業者に手数料を払ってでも依頼したほうが安全に取引ができることがわかります。
クレジットカードの利用停止が心配の人は、現金化業者を利用すると良いです。
その際、現金化業者の中には悪徳な業者もありますので、しっかりと調べた上で利用するとなお良いでしょう。
このサイトでも優良店を紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか!?