現金化を利用してクレジットカード利用停止になる!?

クレジットカード現金化を利用すると、クレジットカードが利用停止になってしまう!?
このことについては、利用方法によって変わってきます。
クレジットカード会社は利用規約により、現金化を禁止しています。
クレジットカード会社は、お客様に代わって代金をお店に支払いをしているので、商品の所有権はクレジットカード会社になるからです。
では、どのようにすればクレジットカードが利用停止になったり、ならなかったりするのか紹介します。

現金化をする方法によってクレカ利用停止!!

現金化をする方法によってクレカ利用停止!!クレジットカード現金化の方法は2種類あり、買取方式とキャッシュバック方式があります。
どちらも各現金化業者が用意している方法で手続きをします。
そこで、どのようにしてクレジットカード決済をするかでクレジットカードが利用停止になるか、ならないかになります。

買取方式の場合は、主にAmazonギフト券の取引になっています。
Amazonギフト券と言うのは、クレジットカードでしか購入が出来ない商品となっておりますので問題ありません。
違う商品の場合、例えば新幹線のチケットなどは初めからクレジットカード会社より、上限金額が設定されています。
換金できる商品については、クレジットカード会社も目を光らせています!

キャッシュバック方式の場合は、クレジットカード決済をする代行業者によって、クレジットカードが利用停止になるか、ならないかがあります。
怪しいクレジットカード決済代行業者であれば、色々な海外決済になりますので、クレジットカード会社に怪しまれて利用出来ないこともあります。

カード利用停止にならないようにする方法♪

カード利用停止にならないようにする方法♪クレジットカードが利用停止にならない方法は簡単で、お支払いをしっかりとすることです。
クレジットカードが利用できるお店であれば、通常決済はできます。
利用停止になるかに関しては、ご利用した金額をクレジットカード会社に遅れずに支払いをすれば利用停止にはなりません。
お支払いを数日遅れたりすると、クレジットカード会社から利用金額の制限がかけられます。
また、毎月支払いを遅れると次の支払いまで利用ができない場合もあります。
それでもダメな場合は、クレジットカードの利用停止になり、残りの利用金額の支払いのみになってしまいます。

カード利用停止は信用情報に傷がつく!

カード利用停止は信用情報に傷がつく!クレジットカードのお支払いを遅れると信用情報に傷がつきます。
もちろん、利用停止ともなれば、もっと信用が無くなります。
信用情報に傷がつくと、他の借り入れや、クレジットカードを作ったり、ローンを組めなくなるので注意してください。

 

まとめ

クレジットカードの利用停止は、ご自身に問題があります。
換金性の高い商品を何度も購入したり、お支払いが遅れることによってクレジットカードの利用停止に繋がります。
クレジットカードを利用する際は色々と注意し、計画的に利用した方が良いでしょう。