クレジットカード現金化は総量規制の対象外

クレジットカード現金化業者は、融資をする貸金業ではありません。
そのため、クレジットカードのショッピング枠があれば利用できるので、総量規制とは関係ありません。

総量規制とは!?

総量規制とは!?貸金業法などにおいて規定される、借りすぎ貸しすぎの防止策となります。
年収の3分の1を超える借り入れを原則禁止するものとなります。
これにより、現金が借りれなくなった人々は多数います。
お金に困り、色々な金策を考えている人もいるでしょう。
お金がまわらなければ生活も厳しくなります。
ですが、お金の借りすぎも返せなくなるのでいい対策とも言えるでしょう。

補足としてですが、銀行等が貸し付けるカードローンは総量規制対象外となり、年収の3分の1を超える借り入れが可能となります。
ただし、審査は厳しくなっています。

現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用!!

現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用!!クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を現金化する方法となります。
キャッシング枠と別のショッピング枠を利用しますので、総量規制とは関係がありません。
クレジットカードのショッピング利用可能額内であれば利用が可能となってきます。

クレジットカードで買物をしているお客様は、現金化に申し込みする前に利用可能額をご確認することをオススメします。
いざ利用した際に枠が無く、利用出来ないということもありますので注意も必要です。
また、ショッピング枠が沢山あっても使いすぎてしまうと、お支払いがきつくなりますので利用は計画的にするといいでしょう。

クレジットカード現金化は融資ではありません!!

クレジットカード現金化は融資ではありません!!クレジットカード現金化で利用する際に、融資と勘違いしている人がいます。
現金化業者がお金を貸すわけではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
あくまでも、ご自身の信用情報で作ったクレジットカードのショッピング枠利用して現金に変える方法ですので理解しておきましょう。
ここを勘違いしてしまうと、法律のこともありますので、ご自身が痛い目にあってしまうこともあります。
現金化業者を利用して、現金を作った際は、使用したクレジットカード会社への返済が必要となりますので覚えておくと良いです。

まとめ

このページ内でも、ご説明していますが、クレジットカード現金化は貸金業ではありません。
融資をしてもらうわけではありませんので、総量規制は関係ないということがわかります。
借りすぎると返すのが大変ですので注意しましょう。