現金化をする際の手数料について

クレジットカード現金化をする際は、各業者によって手数料が変わってきます。
現金化の方法によって(キャッシュバック方式・買い取り方式)手数料が全く異なります。
また、手数料の名目が色々とありますので紹介します。
お客様は、手数料が高いお店で利用すると損をしてしましますので必ずお読みください。

現金化業者によって手数料の名目が違う!!

現金化業者によって手数料の名目が違う!!クレジットカード現金化業者は数多く存在しますので、各業者によって手数料の名目が変わってきます。
手数料の名目種類をいくつか紹介します。
消費税、クレジットカード決済手数料、代行手数料、振り込み手数料、送料など様々な名目があります。
現金化業者はこのような言葉を使い、手数料を取っているのが現状です。

優良店の場合は、最初から手数料などを説明し、実際の決済金額や振込み金額などを教えてくれます。
悪徳業者の場合は、上記手数料の名目を色々と言い手数料を高くし、換金率を下げてきます。
現金化業者の利益は手数料となるので、各業者によって手数料の差がでているのでしょう。

ギフト券なのに税金がかかる!?

ギフト券なのに税金がかかる!?現金化業者の中には、Amazonギフト券の買取をしているところがあります。
そこで、おかしな手数料を取る業者が存在します。
通常ギフト券は消費税がかからないんですが、現金化業者の中には手数料として消費税を取る業者があります。
ギフト券なのに消費税がかかると言ってくる業者は利用しないほうが良いです。
怪しい会社で間違いないでしょう!!

手数料が高いと感じた際の対処法

手数料が高いと感じた際の対処法手数料がたくさん引かれることによって、換金率が下がります。
手数料が高いと感じた際は、利用しようとしているお店の人と交渉してみましょう!
現金化業者の人は、お客様が他社に行ってしまうのであれば、少しでも換金率を高くして利用させようとする場合もあります。
人によって換金率を変えてくるような現金化業者もいますので、一つの策として使えるでしょう。
それでも手数料が高い場合は、勇気をもって断りましょう。
断りずらい人も多くいると思いますが、ご自身が損をしてしまうのでハッキリと伝えることが大切です。

まとめ

クレジットカード現金化を利用する際は、手数料がとても重要になってきます。
手数料が低いほど、換金率が良いということに繋がりますので良く考えた上で現金化をしましょう♪
また、この手数料は、おかしいと思ったら調べてみることも大切です。
結果、ご自身が得をすることもありますので、この情報も参考にしてみてください。