クレジットカード現金化で失敗の体験談

クレジットカード現金化業者は多数存在し、そのほとんどが悪徳業者になります。
優良店はごく一部しかありません。
現金化サイトの口コミ・ランキングサイト・比較サイト・体験談などのサイトは業者数の何十倍もあり、ほとんどが自作自演のものです。
悪徳業者が作成したサイトに騙されないためにも、今回の記事は重要となります。
当サイト管理者が独自に調査した体験談などをまとめ、紹介します。

なぜ現金化をして失敗してしまったか!?

なぜ現金化をして失敗してしまったか!?初めにクレジットカード現金化とは、どういったものなのか知らない人もいると思うので簡単に説明します。
クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用し現金化に換える方法のことです。
この方法は、現金化業者によって異なり、買取方式とキャッシュバック方式の2種類があります。
現金に換える方法ということは変わりありませんが、手続き内容が違うことによって、業者にかかる手数料なども変わってきます。
現金化をするにあたって共通していることは、手数料がかかるということです。
一つ間違えると損をしてしまうので、利用にあたっては注意が必要となります。

現金化を利用して失敗してしまったというのは、業者に手数料を多く取られてしまったということです。
手数料が多く取られてしまうと、ご自身がクレジットカード会社へ支払う際の負担も多くなります。

例えば、100,000円の商品を購入し、換金率70%だった場合、手元に現金が入るのは70,000円になります。
この場合、利用者がクレジットカード会社へ支払う金額は100,000円と手数料率(実質年率)になります。
こちらを計算すると、手数料分の30,000円以上多く支払いをしなければなりません。
仮に換金率が60%だった場合は、手元に入るのが60,000円になりますので、40,000円以上多く支払いをしなければなりません。
これから分かるように、換金率が低ければ低いほど、利用者は損をして、支払いが大変になってしまいます。

結果、悪徳業者で利用した場合、手数料を多く取られて、支払いがきつくなってしまうので、現金化の失敗と言えるでしょう。

悪徳業者の存在

悪徳業者の存在数多くの業者がいれば、悪徳業者もそれに伴い多数あります。
優良店だけが増えてくれればよいですが、そうはいきません。
現金化業界はグレーともいわれているので、悪徳業者が多数いても不思議ではありません。
悪徳業者の場合は、換金率を低くして手数料を多く取るだけでなく、個人情報を売っている可能性もあります。
また、クレジットカード情報を全て教えてしまったがために、後日、身に覚えのない請求がきてしまう事例もあります。

総量規制によって、融資が受けれない人が多くなったことにより、クレジットカード現金化を利用する人が多くなっています。
利用する人が多くなれば、現金化業者も増えますので、悪徳業者も増えます。
現金化の利用を考えている人は、しっかりと現金化のことを調べた上で利用しないと、痛い目にあってしまうので気を付けましょう。

現金化で失敗し被害にあった例

現金化で失敗し被害にあった例クレジットカード現金化を利用して失敗し、被害にあった情報をまとめてみました。

●サイトに記載されている換金率と違い、実際の換金率はかなり低かった。

●クレジットカード決済をしたのに、振込みがなかった。その後、業者と連絡が取れない。

●自宅に大量のDMが届くようになった。

●営業電話が頻?にかかってくるようになった。

●振込みはあったが、言われていた金額と違った。

このような被害でております。
悪徳業者の被害に合わないためには、優良店をしっかりと見つけることです。

まとめ

人によって、失敗と思うことは違います。
失敗は成功の基とも言いますが、失敗して今後に役立つこともありますが、クレジットカード現金化の場合は損をしてしまいます。
また、損をするだけであれば問題ありませんが、個人情報が流出してしまった際には大事になってしまいます。
このようにならない為にも、現金化を利用する際はしっかりと計画を立て、優良店で利用できるようにしましょう。