厳しいクレジットカード

クレジットカードを作る際に、審査が厳しいクレジットカードと審査が甘いクレジットカードがあります。
クレジットカードにはランクなどもあり、各クレジットカード会社で審査の難易度の基準が異なってきます。
特に銀行系が発行しているクレジットカードや単体のAMEX、ダイナースなどは審査が厳しくなっています。
もちろんですが、クレジットカードを作る本人の信用情報も大切となっています。

現金化に厳しいクレジットカード

現金化に厳しいクレジットカードクレジットカード現金化をする際、使用出来るクレジットカードと出来ないクレジットカードがあります。
各現金化業者は、全てのクレジットカードでご利用出来るようにしていますが、出来ない場合もあります。
それは、現金化をする際のシステムによっても変わってきます。

キャッシュバック方式の場合、現金化業者は決済代行業者を通してクレジットカード決済をします。
その為、契約している決済代行業者によって使用できるクレジットカードが限られてしまいます。
使えないクレジットカードが多いブランドは、JCBです。
また、AMEXやダイナース、トヨタのTS3も使用出来ない現金化業者が多くなっています。
他社で使用できないクレジットカードが利用できるお店では、決済代行業者の手数料が高くなり、換金率もその分下がる傾向があります。

買取方式で営業している現金化業者は、Amazonギフト券の買取がメインとなっています。
その為、Amazonで買物をしますので、ほぼ全てのクレジットカードが使用可能となります。

お支払いを遅れるとペナルティ!!

お支払いを遅れるとペナルティ!!クレジットカードを利用する際は、信用情報が重要となってきます。
クレジットカード使用代金のお支払いを遅れると信用情報に傷がつきます。
傷がつくとどうなるかと言うと、どのくらいの期間お支払いが遅れたかなどによっても変わってきますが、利用に制限をかけられてしまいます。
例えば、一回あたりの金額の上限が30,000円までと決められてしまいます。
それでも、お支払いを遅れたりする場合は、次のお支払いまで利用停止になってしまうこともあります。
お支払いを何回も遅れたりしていると、今後使用が出来なくなってしまうこともあります。

AMEXのクレジットカードは事前承認が必要!

単体のAMEXのクレジットカードの場合は事前承認が必要となります。
事前承認をしないで高額な決済をすると、ほとんどが失敗をしてしまいます。
セゾンが提携しているAMEXカードであれば、事前承認をしなくてもそのまま利用できることが多くなっています。
ご不明な場合はクレジットカード会社に問い合わせをすると良いです。

まとめ

お支払いをしっかりとしていれば問題ありませんが、お支払いを遅れることによって現金化を疑われてしまうこともありますので注意が必要となります。
毎月、同じ現金化業者で利用しても問題ありませんが、計画を立ててお支払いはしっかりとしましょう!!