クレジットカードとは!?

クレジットカードとは、信用を基にして後払い(つけ払い)ができるカードのことです。
クレジットカードは、クレジットカードの発行会社を通して発行される信用の証となります。
そのため、アメリカのようなクレジットカード社会では、クレジットカードが一つの身分証となっています。
また、海外に行った際はクレジットカードを持っていると身分証として使えるので便利です。
海外でホテルに泊まる際は、クレジットカードを持っているとスムーズです。
このことから分かるように、クレジットカードは重要なものとなります。

クレジットカードの発行♪

クレジットカードの発行♪クレジットカードを作る際は、クレジットカード発行会社の審査が必要となります。
信用情報が重要となり、問題な人はクレジットカードを作ることができます。
審査では、身分証が必要となり、収入がないと作ることはできません。
収入と他に借り入れがないかなど確認した上で、ショッピング枠とキャッシング枠が決められます。
信用情報が良いと、申請した金額以上の限度額で審査が通りクレジットカードが発行されます。
発行会社は多数ありますが、ブランドはAMEX、VISA、MC、JCBがあります。

クレジットカードを作る際は、自分にあったクレジットカード発行会社を選ぶと良いでしょう。
例えば、ご自身のメインバンクが発行しているクレジットカードであれば、発行会社はお金の流れが分かりますので審査も通りやすいです。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みクレジットカードを使用した際、お支払いまでの簡単な流れを紹介します。
クレジットカードでお支払いをすると、カード会社がお客様の変わりに代金をお店にお支払いをします。
お店はカード会社に手数料をお支払いします。
後日、お客様は使用した利用代金をクレジットカード会社にお支払いします。
結果、クレジットカードで買い物をした際の商品の所有権はカード会社にあります。
そのため、買った商品を転売する行為はクレジットカード会社の規約に違反するので気をつける必要があります。

通常のクレジットカードと違い、デビットカードと言うカードもあります。
こちらのカードもVISAなどのブランドが提携しています。
カードを使用すると同時に銀行から使用した分が即座に引かれるシステムになっています。
現金を持ち歩きたくない人で一時的にでも、お金を借りるのが嫌な人は良いカードです。
また、デビットカードはクレジットカードより審査は簡単になっています。

クレジットカードのメリット

①クレジットカードによって特典やサービスが受けられる
クレジットカードによって異なりますが、ガソリンの割引や、デパートでの割引など色々な割引が各クレジットカード提携会社の特典があります。
また、空港のラウンジやデパートのラウンジを利用できるクレジットカードもあります。

②マイルやポイントが貯まる
クレジットカードの基本と言えますが、同じ10,000円を払うのでも、現金払いと違ってマイルやポイントが付与される点がお得です。
特定のお店で買物をしたり、ネットショッピングをすると期間限定でポイントがアップするなどのメリットがあります。
ポイントが貯まりやすいクレジットカードもありますので、ご自身のあったクレジットカードを選ぶと良いです。

③データを残せる
クレジットカードで決済をすると、WEB上で明細が見れるので家計簿をつけなくても大丈夫!!
いつ、何をいくらで買ったか分かりやすい。
領収書をとっておかなくても平気♪

④保険がついてくる
海外旅行に行った際の各種保険がついている。
年会費が高いクレジットカードの方が手厚い保険になっていることが多いいです。
年会費が無料のクレジットカードでも保険がついている場合があります。
クレジットカードによって制度がバラバラですので、契約前に確認が必要となります。

クレジットカードのデメリット

①スキミング、盗難、不正利用の可能性
万が一盗難にあった際は、現金であれば持っているだけの金額で被害はすみますが、クレジットカードの場合は不正利用されて被害金額が大きくなる。
ただし、クレジットカード会社の利用規約にもよりますが、クレジットカードの不正利用の金額は請求されないことが多いみたいです。